日経コンストラクション 2009/08/28号

NEWS 時事
建設業界は公共事業の無駄排除に極めて消極的

 建設業界はほかの業界と比べて、公共事業の無駄を減らすことに極めて消極的であることが8月5日、帝国データバンクの調査で明らかになった。一方で、財政赤字を拡大してでも景気対策を実施してほしいと考える会社の割合は、全業種のなかで最も高い。景気対策としての公共事業に依存する建設業界の実態を表していると言えそうだ。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:740文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/27