日経コンピュータ 2009/09/16号

特集1 Part2
国のかたちを変える
地方分権の仕組みづくり

 民主党は、中央集権体制の抜本的改正と地域主権国家の実現をマニフェストに掲げた。具体的には、中央官庁に集中している権限の一部を地方自治体に移譲する。目的は自治体が地域の実情にあった行政サービスを提供できるようにすることだ。地方自治体が自由に使える財源を増やし、地域のニーズに適切に応えられるようにする。(37〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3264文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1(30〜31ページ掲載)
マニフェストはITで実現
特集1 Part1(32〜36ページ掲載)
公平で安心できる社会を創る
特集1 Part2(37〜39ページ掲載)
国のかたちを変える
特集1 Part3(40〜41ページ掲載)
マニフェストは必ず守るべき約束だ
特集1 Part4(42〜45ページ掲載)
環境と効率的な経済を両立
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
update:19/09/24