日経コンピュータ 2009/09/30号

動向 新型インフルエンザ対策
まず業務の見直しを先導役は情報システム部門
新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザ流行の波が再び押し寄せてきた。ウイルス自体は弱毒性であり、企業は事業活動の継続を優先するべきである。一方で、感染が一巡するまでは従業員が感染により出社停止となる事態も考えられる。企業として、情報システム部門として、いま取り組むべき対策をまとめた。 大地震の発生などの災害を想定した事業継続計画(BCP)を持っている企業は少なくない。(103〜105ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3811文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24