日経コンピュータ 2009/09/30号

特集 Part2
「半分」発想、五つの鉄則
投資に動く13社に学ぶ

 利用部門の業務やシステム開発に費やす労力(人・モノ・金・時間)を半分にするには五つの鉄則がある。「情報化が招いた無駄を見つける」「合理化・省力化の固定概念を捨てる」「標準化を徹底的に推進する」などだ。先進13社の情報化プロジェクト事例から、半分にするテーマの見つけ方やシステムの作り方、プロジェクトの進め方などを学んでほしい。まずは一歩を踏み出してみよう。(30〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:12300文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(27ページ掲載)
「半分」発想に活路
特集 Part1(28〜29ページ掲載)
動き出す新規開発投資
特集 Part2(30〜41ページ掲載)
「半分」発想、五つの鉄則
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 財務 > 投資・経費
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24