日経エレクトロニクス 2009/11/02号

NEアカデミー Liイオン電池 古今東西 第2回
勝ち残ったLiCoO2とC,特許回避に四苦八苦
Liイオン電池古今東西 ─第2回─

携帯型音楽プレーヤーや小型ビデオ・カメラの登場に伴って,1980年代後半から小型で大容量の2次電池を求める声が強くなってきた。そこで,新しい2次電池の開発に乗りだそうとソニーが目を付けたのが,理論容量密度の高いLiである。しかし,金属Liでは「デンドライト」問題が避けられない。これをどう回避するか─。(118〜122ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7998文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる324円
買い物カゴに入れる(読者特価)162円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 知的財産・特許(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの知的財産・特許
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
ビズボードスペシャル > 知的財産・特許 > エレクトロニクスの知的財産・特許
update:18/07/26