日経ビジネス 2009/11/23号

時事深層 仙谷・行政刷新担当相に聞く
求む民間人材、されど閑古鳥

 普天間の米軍基地移設問題、鳩山由紀夫首相の「故人献金」問題…。課題山積の鳩山政権にあって、頼みの綱とも言えるのが行政刷新会議による「事業仕分け」だ。2010年度予算の概算要求におけるムダを公開で洗い出す作業で、国民の関心も高い。仙谷由人・行政刷新担当相が、まず事業仕分けの真の狙いについて語り始める。(8〜9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2859文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 国内財政 > その他(国内財政)
update:19/09/24