日経ビジネス 2009/11/30号

時事深層
三菱自、電気自動車で“客寄せ”

 人気のハイブリッド車や目玉となる新型車がなく、エコカー減税(環境対応車普及促進税制)の対象となる低燃費のガソリン車も少ない三菱自動車。そんな“三重苦”のような不利な状況で、三菱自の国内販売が健闘している。 三菱自の軽自動車を除く登録車の販売台数は、8月に前年同月比で23%増となって以来、増加が続く。10月も約30%増で、ホンダと僅差の2位。(162ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1684文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
【記事に登場する企業】
三菱自動車
update:19/09/24