日経ビジネス 2009/11/30号

経営新潮流 アジア市場に向き合う マネジメント
現地との共生に勝機

 日本の国内市場は大きな転換点に立っている。人口が減少に転じ、内需は縮小に向かう。長引く不況と先行きの不透明感から、消費を手控える動きが強まり、物価も持続的に下落する「デフレ」傾向にある。 鳩山由紀夫政権は内需拡大を経済政策の大きな柱に位置づけているが、もはや政策による改善に頼っているだけでは、日本企業の経営は立ち行かないだろう。(90〜93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5503文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24