日経ビジネス 2009/11/30号

特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日 ポスト胡錦濤の行方
調和か成長で2派対立

 農村部から供給される安い労働力を武器に労働集約的な輸出産業が経済成長の原動力となってきた中国。しかし、24ページから見てきたように経済成長を重視する路線は、階層間や地域間で格差を拡大させた。2003年に国家主席に就任した胡錦濤は、格差を是正して調和の取れた「和諧社会」を標榜する。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1995文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください





  記事中に使用権のない図表・写真があり、PDFではまたは抜けた状態で表示されます。予めご了承の上、ご利用ください。
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日(24〜25ページ掲載)
中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日本の勝機
特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日 浮かび上がる課題(26〜29ページ掲載)
きしむ“底上げ”経済
特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日 ポスト胡錦濤の行方(30〜31ページ掲載)
調和か成長で2派対立
特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日 活路見いだす企業(32〜36ページ掲載)
“矛盾”で儲ける
特集 中国、独り勝ちの代償 格差市場でつかむ日 識者が語る(37〜41ページ掲載)
転換の行方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > 政治 > 海外政治・国際問題
update:19/09/24