日経コンピュータ 2009/12/09号

ケーススタディ Windows7への移行 ヤマト運輸など
OSバージョンアップを賢く乗り切る業務アプリ減らし検証負荷を軽減
Windows 7への移行 ヤマト運輸など

Windows 7の企業向け製品の出荷が始まってから3カ月が経過し、Windows 2000や同 XPからWindows 7へのバージョンアップを決めた企業が出始めている。ヤマト運輸や万有製薬、名古屋銀行がそうだ。各社とも、社内システムの更新や現在導入しているOSの保守サポート期限が切れるのに合わせて、バージョンアップに踏み切る。(78〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5234文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Windows
情報システム > サーバーアプリケーション > アプリケーションサーバー*
update:19/09/24