日経コンピュータ 2009/12/09号

特集 Part1
総論

 爆発的ともいえるほど情報が増えてきた。IDCとEMCは2008年の調査で、全世界で生成されるデジタル情報は07年の281E(エクサ)バイトから、11年には1800Eバイトに増えると予測。現在、そのカウンタは700Eバイトを超えた。情報量を6倍にも押し上げる要因の一つは、その発信源が増えることだ(図1)。 例えば、新商品の評判をブログから集めるようなマーケティング手法が登場してきた。(30〜31ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1596文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集(28〜29ページ掲載)
情報爆発をチャンスに
特集 Part1(30〜31ページ掲載)
総論
特集 Part2(32〜35ページ掲載)
社内の宝を掘り起こす
特集 Part3(36〜37ページ掲載)
社外の情報から気づき得る
特集 Part4(38〜39ページ掲載)
爆発に耐えるインフラ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24