日経エレクトロニクス 2009/12/28号

解説2
ノートPC首位目前Acer社はなぜ強い

Acer社は価格競争力という鋭い爪を持つ鷹のようだ。徹底した業務の絞り込みによって,その身は他社に比べて圧倒的に軽い。イラストは,Y’s Research社の陳逸如氏の発案に基づく。(イラスト:矢作信雄) 「2010年には,ノート・パソコンの世界出荷台数シェアでトップに立つだろう」注1)。台湾Acer Inc.(宏碁)が今,こうささやかれるほどの成長を遂げている。(83〜88ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8268文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる378円
買い物カゴに入れる(読者特価)189円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Windowsノートパソコン・タブレットPC
【記事に登場する企業】
台湾・エイサー社
update:18/07/26