日経NETWORK 2010/02号

ニュースの裏側1
止まらないGumblarによるサイト攻撃 運用・管理の“不徹底”が悪循環を招く

 「大手企業のWebページがこれだけ次々と改ざんされたのは、『Nimda』や『Code Red』以来ではないでしょうか」と、ラック コンピュータセキュリティ研究所の岩井 博樹所長は話す。 2009年末から2010年1月初めにかけて、東日本旅客鉄道(JR東日本)、ホンダ、ローソンなど大手企業のWebページが「Gumblar」の攻撃によって改ざんされた(図1)。(16〜17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2774文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > コンピュータウイルス・対策
update:18/07/26