日経NETWORK 2010/02号

特集2 Twitter、ニコニコ動画、Googl Part1/Part2/Part3
特集2本文

 発行済みアカウントは約1億、アクティブユーザー数は世界で数千万。今やメール、インスタントメッセージに次ぐ第三のコミュニケーションツールとして急浮上しているのが、米ツイッターが運営する「Twitterp」だ。2006年に始まったサービスだが、2009年に入ってからは日本国内でも人気に火がついた。2010年には民主党の鳩山由紀夫首相が投稿を開始。(38〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:19488文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集2 Twitter、ニコニコ動画、Googl(36〜37ページ掲載)
人気Webサービス Twitter ニコニコ動画Google Apps  を解剖する
特集2 Twitter、ニコニコ動画、Googl Part1/Part2/Part3(38〜51ページ掲載)
特集2本文
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
インターネットサービス > ネット上のコミュニケーション > その他(ネット上のコミュニケーション)
update:18/07/26