日経トップリーダー 2010/03/01号

勝者の心得 12
小林 一三 阪急グループ 創業者

 小林一三の名は1月3日生まれに由来するらしいが、評論家の草柳大蔵は小林の側近による面白い“新説”に着目した。それは、小林の経営には「一(着眼)と三(決断)はあるが、二(準備)がない」というもの。準備をしないのではなく、人一倍長く、静かにプランを温めるため、周囲には準備をしているように見えなかった。(9ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:653文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > オピニオン・経営戦略
update:19/09/24