日経トップリーダー 2010/03/01号

山田日登志のカイゼン
第30回 朝日相扶製作所
1階と2階がバラバラに仕事しとる

家具メーカーの朝日相扶製作所は、事務用いすカバーの縫製から事業を始め、その後、いすやテーブルといった家具のOEM(相手先ブランドによる生産)へ業容を拡大した。生産品目が増える中、納期の短縮を実現しようとさまざまな工夫をしていたが、それは社内の部品在庫を増やすという弊害を同社にもたらしていた。 2009年12月、山田日登志は、朝日相扶製作所を初めて訪れた。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3977文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

山田日登志のカイゼン
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:18/07/26