日経ヘルスケア 2010/04号

特集 徹底分析2010年度診療報酬改定
【有床診療所】一般病床の入院基本料を大幅に再編

◎療養病床に救急・在宅等支援療養病床初期加算を新設→急性期病院や自宅からの受け入れを評価 これまで目立った評価がされてこなかった有床診療所。だが今改定では急性期病院などからの退院患者の受け皿や、在宅患者が急性増悪した場合の後方病床としての役割が見直され、入院基本料がおおむね底上げされた。(63〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3716文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(20〜21ページ掲載)
医療機関の明暗分ける新設加算が続々
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(22〜23ページ掲載)
【改定の全体像】実績重視の評価で病医院の選別が進む
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(24ページ掲載)
【interview】「全体的な底上げよりメリハリを優先した改定」
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(25〜28ページ掲載)
【外来】再診料一本化で診療所にダメージ
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(29〜36ページ掲載)
【急性期・亜急性期入院】一段とハードルが高まった急性期要件
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(37〜39ページ掲載)
【DPC】新機能評価係数の登場で競争の時代へ
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(40〜41ページ掲載)
【手術】外保連試案を基に点数を大幅引き上げ
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(42〜44ページ掲載)
【慢性期入院】入院基本料2ランク化が明暗分ける
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(45〜48ページ掲載)
【リハビリテーション】プラス評価と併せて質の向上を重視
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(49〜53ページ掲載)
【小児科・産科】地域の中核病院に手厚い評価
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(54〜58ページ掲載)
【精神医療】精神療養病棟入院料についにメス
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(59〜62ページ掲載)
【在宅医療】同じマンションの複数人への訪問は減収に
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(63〜65ページ掲載)
【有床診療所】一般病床の入院基本料を大幅に再編
特集 徹底分析2010年度診療報酬改定(66〜69ページ掲載)
【がん治療】パスを軸にした治療体制整備を促進
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 法令・資格(医療・バイオ) > 医療・バイオの法令全般
医療・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 診療・薬剤報酬
ビズボードスペシャル > 法令 > 医療・バイオの法令全般
update:19/09/27