日経トップリーダー 2010/05/01号

会社づくりの表彰状 3
大七酒造 売上高3割減でも「こだわり」で利益水準を維持

 日本酒市場は1970年代中盤から長期的に低迷している。焼酎やワインなどアルコールに対する消費者のニーズが多様化する中で、出荷量はピーク時の3分の1に落ち込んでいる。酒蔵数は半減し、伝統ある酒造メーカーがいくつも廃業に追い込まれている。 大七酒造(福島県二本松市)は江戸時代創業の造り酒屋で250年以上の歴史を持つ。(36〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4991文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
update:19/09/24