日経トップリーダー 2010/05/01号

破綻の真相
創業65年のスーパーがその場しのぎ経営で瓦解 キンカ堂 総合スーパー、手芸店運営

 キンカ堂の創業は1945年。野萩康社長の祖父、野萩康雄氏がリヤカー1台から始めたという古着販売店が発祥である。 「ヤミ市に人が集まるこの場所なら、必ず商売が成り立つ」という康雄氏の読みは当たった。 51年、康雄氏はキンカ堂を会社組織とし、東京・池袋に本社を置いた。その後、洋装の浸透と高度成長が重なり、服地や衣料品に対する需要は拡大。業績は順調に伸びた。(110〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3869文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/24