日経NETWORK 2010/06号

部門ネットワークをLinuxで作ろう 第3回
グループウエアで部門の情報を共有する
第3回

 「課長は金曜日の午後なら大丈夫だと言っていたな。加藤くんと大谷くんの予定は空いているかなあ。そうだ会議室の空き状況も確認しないと」。会議を開くための一連の作業は面倒くさい。これを効率的にこなせるようになるのが「グループウエア」だ。 グループウエアは、社内の情報共有と、個人の情報を管理するPIMpの機能を同時に実現するサーバーソフトである。(66〜71ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7805文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > グループウエア*
情報システム > サーバーOS > Linuxサーバー
update:19/09/26