日経ヘルス 2010/09号

効くニュース ヨーロッパ生殖医学会発 不妊治療の最前線 卵巣凍結法による妊娠力温存に注目集まる
卵巣凍結法による 妊娠力温存に注目集まる
ヨーロッパ生殖医学会発 不妊治療の最前線リポート

イタリアのローマで6月28日〜30日、ヨーロッパ生殖医学会(ESHRE)が開催された。製薬企業らによるブース展示もあり、昨年を上回る8943人が来場、活況を呈した。ESHREでの取材を基に不妊治療の最前線をリポートする。(58〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4318文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
update:15/06/18