日経PC21 2010/10号

仕組みからわかるパソコン高速化
同じSSDでも速さに雲泥の差 シリアルとウルトラの違いに要注意

 SSDは、パソコンを“激速化”できる魔法のドライブ装置だ[注1]。フラッシュメモリーを記録媒体に使ったSSDを使うことで、ハードディスク(HDD)とは異次元の速さを体験できる。 ところが、「SSDも思ったほど速くはない」と失望している人もいるようだ。実は、パソコンによってはSSDの実力を発揮できないことがある。原因は、SSDの「接続方式」。(122〜125ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3823文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > その他(パソコン・デジタルギア用記憶装置)
update:19/09/25