日経ビジネス 2010/10/25号

特集 “小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏
「歩ける」街にはカネがなる

 エネルギーや鉄道、水処理で飛び抜けた技術があるわけではない。全体として暮らしやすく、エネルギー効率が高い街を作ってきたことが、競争力になっている。 首都ストックホルムの近郊に環境モデル都市がある。もともとは海に面した重工業地帯だったハマビー地区を1990年頃から、抜本的に作り替えていった。(46ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1719文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

この特集全体
特集 “小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏(38〜41ページ掲載)
“小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏」が生む新たな商機
特集 “小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏(42〜45ページ掲載)
エコ技術が街を潤す
特集 “小さな街”が市場を変える 「徒歩経済圏(46ページ掲載)
「歩ける」街にはカネがなる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:16/09/01