日経コンピュータ 2010/11/10号

寄稿 Hadoop World NYC 201
クラウドで活用広がるHadoop RDBやDWHとの連携も進む
Hadoop World NYC 2010 レポート

オープンソースソフトウエア(OSS)の分散バッチ処理ソフト「Hadoop」の活用事例が着実に増えている。例えば米ゼネラル・エレクトリックは「インターネット上のデータから顧客の感情を分析している」という。2010年10月に米国で開催された「Hadoop World NYC 2010」から最新事情を報告する。(88〜91ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4590文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > その他(インターネットサービス) > その他(インターネットサービス)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
情報システム > データ分析・ナレッジマネジメント > テキストマイニング・データウエアハウス・ビッグデータ
update:16/03/16