日経NETWORK 2010/12号

課題解決!ネット構築の現場から
校内LANの無線化を推進 配管不足が親機配置の壁に
筑波技術大学

筑波技術大学産業技術学部産業情報学科の准教授である西岡 知之さん(左)と同じく准教授の大塚 和彦さん(右)。コンピュータやネットワークのシステム、プログラミングなどの授業を担当する傍ら、校内ネットワークの計画にかかわる。 今回紹介するのは、大学構内における無線LANの構築事例だ。国立大学法人の筑波技術大学は2003年ころから順次、学内への無線LAN導入を進めている。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5642文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN構築・利用法
通信・ネットワーク・放送 > 構築事例・ノウハウ(通信・ネットワーク・放送) > 無線LAN構築・利用法
【記事に登場する企業】
筑波技術大学
update:18/07/26