日経ヘルスケア 2011/01号

こうすれば失敗しない! 職員採用のツボ 選考準備——採用基準の設定
面接官は組織の顔。偉ぶるなかれ

職員の採用に頭を悩ます医療・介護事業者が多い一方で、問題なく採用に成功している事業者もいる。両者の違いはどこにあるのか。中小企業などに採用支援を行っている稲田行徳氏に、人材採用のツボをレクチャーしてもらう。 前号までは、採用活動を行う前に「求める人材像」を明確にしておく必要性を述べた。事前準備としては、もう一つ欠かせないポイントがある。(84〜85ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2534文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・健康・バイオ > 病院・薬局・施設経営 > 病院・薬局・施設経営ノウハウ
update:14/03/26