日経PC21 2011/03号

使って覚えるUSBメモリー
パソコンの無断利用をシャットアウト USBメモリーをPCの“カギ”にする

 仕事で作成した文書ファイルや、プライベートで撮りためたデジカメ写真など、パソコンには他人に見られたくないデータがたくさん保存されている。これらのデータをUSBメモリーに入れて持ち歩くとき、紛失しても他人に盗み見られないよう暗号化しておくことは、もはやマナーの1つだ。 でも本来、データを守るためには、持ち歩くUSBメモリーを暗号化するだけでは意味がない。(128〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4484文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン・デジタルギア用記憶装置 > メモリーカード
update:19/09/25