日経ビジネス 2011/01/31号

気鋭の論点 マンションと行動経済学●マネジメント
耐震性に付加価値あり 竹内 幹[一橋大学大学院経済学研究科講師]

 マンションを購入する動機として「資産形成」を挙げる人は多いだろう。確かに、住宅ローン完済後のマンションは自分の資産となる。しかしここで忘れてはいけないのは、日本が地震大国であるということだ。建築基準法が定める耐震強度は命を守るために必要な強度(耐震等級1)で、これは震度6強の地震でも建物が倒壊しないことを意味する。(78ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1625文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
update:19/09/24