日経ビジネス 2011/01/31号

技術&トレンド フィーチャー
細胞自動培養装置(川崎重工業) iPS細胞を自動培養

 京都大学の山中伸弥教授(現京都大学iPS細胞研究所長)が発見したヒト新型万能細胞(iPS細胞)。体のほぼすべての部分になるとされ、理論上、培養すれば心臓や肺、神経などあらゆる臓器や組織の再生が可能になる。現在、新薬開発の効率化や再生医療への端緒を切り開くべく、多くの専門家が研究を進めている。 もっとも、このiPS細胞は研究者泣かせの細胞として知られている。(82〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3662文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ技術 > その他(バイオ技術)
医療・バイオ > 医療機器・用品・システム > 医療機器・用品
【記事に登場する企業】
川崎重工業
京都大学
update:19/09/24