日経エレクトロニクス 2011/02/07号

解説2
専門家が評価する Google TVのユーザー体験

テレビとインターネットの真の融合を目指す「次世代ネット・テレビ」が,2011年に続々と登場しそうだ。Google社とソニーらが共同で開発した「Google TV」は,この分野の先行例である。こうした高機能なテレビが市場で広く受け入れられるには,これまでにない優れたユーザー体験(UX)を提供する必要がある。(69〜76ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8949文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > マルチメディア配信 > 音楽・映像配信
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
米グーグル社
ソニー
update:19/09/26