日経ビジネス 2011/02/14号

技術&トレンド フィーチャー
精密農業(トプコン、日立ソリューションズ、北海道大学) 人工衛星が農業を変える

 TPP(環太平洋経済連携協定)への参加を巡って揺れる日本の農業。関税障壁がなくなれば安価な輸入農作物が大量に流入し、日本の農家は大打撃を被るとの懸念もある。だが、IT(情報技術)を本格導入することで農作業を効率化し、日本の農業の競争力を高めようとする動きも出始めている。 その中心的な役割を期待されているのが農機の自動制御システムだ。(84〜86ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4083文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > その他乗り物製造 > 飛行機・ロケット
車・機械・家電・工業製品 > その他(車・機械・家電・工業製品) > その他(車・機械・家電・工業製品)
情報システム > システム運用管理 > その他(システム運用管理)*
【記事に登場する企業】
トプコン
日立ソリューションズ
北海道大学
update:19/09/24