日経ビジネス 2011/03/07号

時事深層
国産「人工心臓」が示す可能性

 医療技術と言えば、心臓ペースメーカーなど米国発の技術が多いが、日本も世界で活躍する日が近いかもしれない。テルモはこの4月、人工心臓「デュラハート」を日本で発売する。 既に2007年から欧州で販売していたもので、昨年12月、厚生労働省が欧州での実績を踏まえ、製造販売の承認を申請から2年半という異例の速さで与えた。この2月には公的医療保険の適用も決まった。(127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1642文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
医療・バイオ > 病気・怪我と治療・検査 > 身体の疾患
【記事に登場する企業】
テルモ
update:19/09/24