日経ビジネス 2011/03/07号

時事深層 寄稿
世界をかき回す米国の存在意義

勢いづくイスラム原理主義も、最終的には米国の「価値観による覇権」には勝てない。 エジプトはホスニ・ムバラク前大統領を追い出したことで、軍事政権が残ることになった。街頭デモすら鎮圧できない“権力者”など役に立たないというわけだ。その結果、同国に“民主主義”が誕生するかどうかは疑わしい。(130〜131ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2936文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
update:19/09/24