日経エレクトロニクス 2011/04/04号

特集 電機産業の未来
エレクトロニクス業界へのエール

残念ながら、今、自分が大学を卒業したと仮定して、日本には就職したいエレクトロニクス関連の企業がない。インターネット関連の技術者なら米Google社、電子機器を作りたいのなら米Apple社に入りたい、と多くの人が思うだろう。日本人として、この状況は悲しい限りだ。 日本の会社で面白いと思うのは、例えばユニクロのファーストリテイリングだ。(52〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7319文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 電機産業の未来(37ページ掲載)
電機産業の未来
特集 電機産業の未来(38〜39ページ掲載)
201X年の未来
特集 電機産業の未来(40〜51ページ掲載)
<序章> 攻めに出る日本企業
特集 電機産業の未来(52〜55ページ掲載)
エレクトロニクス業界へのエール
特集 電機産業の未来(56〜65ページ掲載)
<事例に学ぶ将来像> これまでの常識を疑え
特集 電機産業の未来(66〜68ページ掲載)
外国人はこう見る
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
【記事に登場する企業】
ノバテック
update:19/09/26