日経ビジネス 2011/04/25号

特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40
福島第1原発事故 「想定外」のウソ

だが、過去の東電の歩みを検証すると、あえて想定から目を背ける姿が浮かび上がる。 4月17日午後3時、東京・新橋の東京電力本社。数百人の記者、何十台ものカメラがひしめく会見場に、勝俣恒久会長が姿を現した。その目的は、事故収束へ向けた工程表を発表することだった。 3月11日の東日本大震災に伴い発生した福島第1原子力発電所事故。(20〜23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5615文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(18〜19ページ掲載)
東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40年
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(20〜23ページ掲載)
福島第1原発事故 「想定外」のウソ
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(24〜25ページ掲載)
原発、もう1つの「ウソ」 「高コスト」も隠された
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(26〜29ページ掲載)
政官とスクラム 原発共同体の過ち
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(30〜31ページ掲載)
地元に投じられる巨費 原発交付金は“麻薬”
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(32〜34ページ掲載)
東電の処理スキーム 株主や債権者に影響
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(35〜37ページ掲載)
日本を救う電力改革 発送電分離も視野に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
東京電力ホールディングス
update:19/09/24