日経ビジネス 2011/04/25号

特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40
政官とスクラム 原発共同体の過ち

 今をさかのぼる60年前。連合国軍総司令部(GHQ)はポツダム政令によって日本列島を9分割し、各地域に発電、送電、配電事業を一手に担う独占会社を作るよう指令した。この「電力再編成」により、東電が産声を上げた。 以来、9電力の地域独占体制が一度として揺らいだことはない。(26〜29ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4709文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(18〜19ページ掲載)
東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40年
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(20〜23ページ掲載)
福島第1原発事故 「想定外」のウソ
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(24〜25ページ掲載)
原発、もう1つの「ウソ」 「高コスト」も隠された
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(26〜29ページ掲載)
政官とスクラム 原発共同体の過ち
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(30〜31ページ掲載)
地元に投じられる巨費 原発交付金は“麻薬”
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(32〜34ページ掲載)
東電の処理スキーム 株主や債権者に影響
特集 東電の罪と罰 原発の安全神話に溺れた40(35〜37ページ掲載)
日本を救う電力改革 発送電分離も視野に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > その他(エネルギー事業)
車・機械・家電・工業製品 > 修理・クレーム > 車・機械・家電・工業製品の修理・クレーム全般
エネルギー事業・水事業・第一次産業 > エネルギー事業 > その他(エネルギー事業)
【記事に登場する企業】
東京電力ホールディングス
update:19/09/24