日経ビジネス 2011/04/25号

リーダーの研究 企業
ローソン(コンビニエンスストア) 試された分権経営
“震災後”に問われる真価

 3月27日、宮城県山元町。海岸から500mほどの場所に「ローソン山元町笠野店」がある。窓ガラスも壁も、跡形もない。むき出しになった赤い鉄骨が、辛うじて天井を支えている。 海から吹く風が瓦礫を揺らして音を立てるほか、何も聞こえない。無数に並んでいた商品も、青と白の縞模様の制服に身を包んだ従業員の姿もそこにはない。(40〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9909文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
【記事に登場する企業】
ローソン
update:19/09/24