日経Linux 2011/06号

まつもとゆきひろ 技術を斬る 第19回
UNIXパイプライン

 1960年代後半に誕生したUNIXは、それ以前のOSと比較していくつかの際立った特徴がありました。ひとつはファイルの構造です。UNIX以前の多くのOSではファイルといえば編成ファイルでした。COBOLをご存知であれば話が早いのですが、編成ファイルとは構造を持ったレコードの羅列です(図1)。(155〜161ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:10882文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーOS > UNIX
update:18/07/30