日経ビジネス 2011/05/16号

特集 「ロボット大国日本」の虚実 原発で日本製
特区で開く小さな風穴 幻か? 9.7兆円市場

 現在のロボット産業の国内市場は約1兆円。工場などで使われる産業用ロボットがその大半を占めるが、将来には医療介護、農林水産、警備、清掃など幅広い分野でのロボットの活躍が期待されている。 経済産業省の試算によると、ロボットの国内市場は2035年には9.7兆円まで拡大するという。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5327文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「ロボット大国日本」の虚実 原発で日本製(38〜41ページ掲載)
「ロボット大国日本」の虚実 原発で日本製が活躍しないワケ
特集 「ロボット大国日本」の虚実 原発で日本製(42〜45ページ掲載)
研究所にこもるロボット 「人」と「カネ」の罪
特集 「ロボット大国日本」の虚実 原発で日本製(46〜49ページ掲載)
特区で開く小さな風穴 幻か? 9.7兆円市場
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > ロボット > その他(ロボット)
update:18/07/30