日経ビジネス 2011/05/16号

世界鳥瞰
米農地、バブル崩壊の懸念

 米国の農地価格が高騰している。特にトウモロコシや大豆生産用の農地が多い中西部で記録的な高値を更新中で、バブルの様相を濃くしている。 背景には、地球温暖化による世界的な旱魃や水害の多発、世界人口の増加などによる食糧不足があるほか、バイオエタノールの原料としてのトウモロコシへの需要が今後も根強いという読みがある。(93ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1551文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食材・食品・飲料
update:19/09/24