日経エレクトロニクス 2011/05/16号

解説2
中国タブレット市場で 攻勢に出たIntel社
「Intel Developer Forum 2011 Beijing」報告

Intel社が岐路に立たされている。パソコン向けマイクロプロセサの覇権を握り続けてきた同社は、「ポスト・パソコン」との呼び声も高いタブレット端末の台頭に直面している。x86系の採用が必須ではないこの新市場にどう向き合うのか。タブレット端末の巨大市場に育つことが確実視される中国で、その戦略を打ち出した。(59〜65ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7830文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる432円
買い物カゴに入れる(読者特価)216円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン本体・ホームサーバー > Windowsノートパソコン・タブレットPC
update:18/07/30