日経ビジネスアソシエ 2011/06/07号

山崎元の経済元論
原発事故に関する情報はどうして信頼されにくいのか

東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故によって、東日本の人々は広い地域で生活が不自由になった。例えば、どの水を飲み、何を食べたら「大丈夫」なのか、なかなか確証が持てない。ある産地のある食材を「安全」と信じてはいけないのか、「危険」と避けることが愚かなのか、判断しにくいと感じる人が大半だろう。(12ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1397文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる108円
買い物カゴに入れる(読者特価)54円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
政治・経済・社会 > その他(政治・経済・社会) > その他(政治・経済・社会)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:16/04/22