日経ビジネスアソシエ 2011/06/07号

特別リポート ボランティアと義援金 今、私たちにできる
ボランティアと義援金 今、私たちにできること
震災から2カ月

震災発生から2カ月。社員のボランティア活動を企業が後押しする動きが広がっている。 三菱商事は復興支援のための基金100億円を拠出するとともに、社員ボランティアを年間延べ1200人送り出す。人材派遣のパソナグループは、ボランティア活動のために最長3カ月休職できる制度を導入。国難の中で、ビジネスパーソンが「支援の輪」に加わる環境が整いつつある。(18〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2775文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる162円
買い物カゴに入れる(読者特価)81円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:16/04/22