日経エレクトロニクス 2011/05/30号

NEレポート
中国の大手自動車メーカー4社 電子制御ソフト基盤を国産化へ
第一汽車や上海汽車、長安汽車などがiSOFT社製ソフトを採用

 販売台数が1800万台と世界一になり、年率30%以上の勢いで急成長する中国の自動車市場。そんな中国の大手自動車メーカー4社が、クルマの電子制御技術の国産化に向けて、ついに動きだした。2011年4月、電子制御ユニット(ECU)の組み込みソフトウエアの国産化を目指す産官学連携のコンソーシアム「中国汽車電子基礎軟件自主研究開発・産業化連盟(CASA)」が設立された。(23ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1037文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > 設計(エレクトロニクス)
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > ITS・自動車情報システム
【記事に登場する企業】
中国・長安汽車
update:19/09/26