日経コミュニケーション 2011/06/01号

Solution Survey SaaS型Web会議
震災の影響でさらに注目度アップ スマートデバイス対応に温度差
SaaS型 Web会議

東日本大震災は、緊急時の連絡手段確保の難しさを改めて強く印象付けた。そんな中にあって、地震発生後の情報伝達ツールとして活躍したのが、インターネットでつながるサービス。SaaS(Software as a Service)型のWeb会議もその一つだ。夏の電力危機を乗り切るための一手として、さらに注目を集めている。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3952文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる270円
買い物カゴに入れる(読者特価)135円
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

※日経BP社の会員制Webサービスまたは有料のデータサービス(日経BPビズボードなど)をご利用の場合、当該のサービス側でこの記事の全文を無料または割引価格で購読できるかもしれません。記事を公開している可能性のあるWebサイト、データサービスの一覧はこちら

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報共有システム > テレビ会議・パソコン会議
情報システム > 特定業務システム > その他(特定業務システム)
update:14/03/27