日経ビジネス 2011/06/20号

特集 使える英語はこう学ぶ 「第3の開国」は企
「英語後進国」からの決別 日韓を分けたもの

 5月24日の発売以降、iPhone向けアプリケーションの有料カテゴリーで上位に君臨し続けているアプリがある。「SUPER英単語30000」。発売元はポドツリーという韓国企業だ。世界各国の英語の参考書約1000冊を基に開発されたアプリで、約3万語が収録されている。「日本は最大の英語マーケットだ」。発売当日、同社のリ・ジンス代表理事は流暢な英語で答えた。(54〜55ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2938文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 使える英語はこう学ぶ 「第3の開国」は企(48〜49ページ掲載)
使える英語はこう学ぶ 「第3の開国」は企業が創る
特集 使える英語はこう学ぶ 「第3の開国」は企(50〜53ページ掲載)
IIHI インドで6週間缶詰めに 異文化でも「使える英語」
特集 使える英語はこう学ぶ 「第3の開国」は企(54〜55ページ掲載)
「英語後進国」からの決別 日韓を分けたもの
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > ビジネススキル・ノウハウ > ビジネススキル・ノウハウ一般
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > ビジネススキル・ノウハウ一般
update:19/09/24