日経ビジネス 2011/07/04号

特集 「半径500mシェア100%主義」 大手
「半径500mシェア100%主義」 大手流通業を脅かす小商圏化の波

 東京都大田区大森。大企業の工場跡地を再開発して建設した高層マンション群と、下町風情が混在するこの街には、周辺に暮らす約18万人の消費者を狙って10を超す大手小売業が進出している。その中心に、イトーヨーカ堂や西友、東急ストア、成城石井といった有力企業でも、思うように顧客を開拓できない“不思議なエリア”がある。(40〜44ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6060文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる330円
買い物カゴに入れる(読者特価)165円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「半径500mシェア100%主義」 大手(40〜44ページ掲載)
「半径500mシェア100%主義」 大手流通業を脅かす小商圏化の波
特集 「半径500mシェア100%主義」 大手(45〜47ページ掲載)
大企業のための小商圏化対策 狙いは“買い物弱者”
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
update:19/09/24