日経ビジネス 2011/07/04号

特集 「半径500mシェア100%主義」 大手
大企業のための小商圏化対策 狙いは“買い物弱者”

 広域商圏を狙って大型店を展開してきた大手流通業の中にも、ここ数年、小商圏を対象にした小型店の展開を強化する動きが強まっている(下の表参照)。中でも、GMS(総合スーパー)や食品スーパー分野では小型店同士の競争が激化している。主戦場は都市部だ。 各社の出店動機は、大型店の出店が一巡したことなど、企業や業態によって様々。(45〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4698文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 「半径500mシェア100%主義」 大手(40〜44ページ掲載)
「半径500mシェア100%主義」 大手流通業を脅かす小商圏化の波
特集 「半径500mシェア100%主義」 大手(45〜47ページ掲載)
大企業のための小商圏化対策 狙いは“買い物弱者”
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 卸・小売サービス > その他(卸・小売サービス)
update:19/09/24