日経ビジネス 2011/07/21号 別冊

3章 事業継続計画(BCP)
震災で再構築を迫られるBCP 長期化する影響を考慮する

(三菱総合研究所 科学・安全政策研究本部科学技術部門統括室 主席研究員 古屋俊輔) BCP(事業継続計画)が想定すべき状況は、東日本大震災とそれに伴う福島第1原子力発電所の事故を境に大きく変化しました。東日本大震災以前においても、よほど危機感に欠けるケースを除いて、多くの企業はBCP、あるいはそれに相当する何らかの危機管理計画を準備していたはずです。(50〜52ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3408文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 企業・組織 > 社名変更・組織変更・本社移転
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 企業統治・危機管理
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
【記事に登場する企業】
三菱総合研究所
update:19/09/24