日経ビジネス 2011/07/21号 別冊

4章 節電・サマータイム
4章 節電・サマータイム

 東日本大震災と、それに伴う福島第1原子力発電所の事故により、電力不足が懸念されている。そのため、今夏、東京電力と東北電力管内の大口需要家は節電を義務づけられた。昨夏のピーク時に比べ15%の電力をカットする必要がある。どうすれば経済活動を停滞させることなく、効果的な節電ができるのか。(59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:486文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > その他(人事)
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > 環境方針
政治・経済・社会 > 社会 > 社会全般
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境方針
update:19/09/24